【書籍紹介・考えすぎるあなたへ】マインドフルネス入門書『「今、ここ」に意識を集中する練習』

マインドフルネス入門 「今、ここ」に意識を集中させる練習 ジョン・チョーズン・ベイズ 読書

こんにちは、タロです。

皆さんは、未来、過去、現在、いずれについて考えることが多いですか?

私は、未来や過去について考える時間が多いように思います。

よく考えることは長所でもありますが、短所でもあります。

まだ考える必要のないことを心配して不安に駆られたり、過去の失敗を思い返して落ち込んだり…。

この思考に陥ると、夜も眠れません。

なんとかしたいなぁと思っていた矢先、図書館で一冊の本に出逢いました。

「今、ここ」に意識を集中する”。

まさに求めていたのはこの状態だなと思いました。

こちらの書籍では、「今、ここ」に集中するための練習として、「マインドフルネス」の練習を提案しています。

そもそも、マインドフルネスに関する知識がない私。

今日は、こちらの書籍で学んだ「マインドフルネス」の基礎知識についてご紹介します。

  • マインドフルネスって何?
  • 今に集中したい!

という方のお役に立てれば幸いです。

『「今、ここに」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門』著者:ジャン・チョーズン・ベイズ

こちらの書籍には、「マインドフルネス」の基礎知識と53の練習方法が掲載されています。

私自身、「マインドフルネス」という言葉は耳にしたことがある程度で、きちんと学んだことはありませんでした。

何か特別な方法が必要なのかと思っていましたが、そうではなさそうです。

「マインドフルネス」について理解を深め、「今、ここ」に意識を集中できるようになりたいものです。

マインドフルネスとは、批判や判断の加わらない「気づき」

著者は、マインドフルネスについて下記の通り定義しています。

マインドフルネスとは、自分の体や頭や心のなか、さらに身の周りに起きていることに意識を完全に向けること。批判や判断の加わらない「気づき」

「今、ここ」に意識を集中させる練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門より引用

マインドフルネスって、何か特別な行動のことかと思っていましたが、『気づき』のことなんですね。

体と頭と心が「今」に意識を向けている状態

具体例として、車の運転に沿った解説がありました。

車を運転するとき、みなさんはハンドルに置いた手をどのくらい意識しますか?

「今、ここ」に意識を集中させる練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門より引用

私は、ハンドルに置いた手を意識するのは、握った時や急カーブを曲がる時くらいかなと思います。

それ以外の瞬間は、体と意識が別々の対象に向いているのだということに気づかされます。

「心ここにあらず」とは、まさにマインドフルネスでない状態をいうのですね。

マインドフルネスがもたらす6つの効能

著者は、マインドフルネスによってもたらされる効能を6つ紹介しています。

  1. エネルギーを節約する
  2. 心を鍛えて、やわらかく強くする
  3. 「不安」や「恐れ」を消す
  4. 「今このとき」を生きられるようになる
  5. 「動かない心」を育む
  6. 「心の声」に耳を澄ます

「エネルギーを節約」!?

どうやら、過去や未来に意識を飛ばすことは、頭と心のエネルギーの無駄遣いになるようです。

著者によれば、“脳が休憩できるのは、現在の瞬間だけ”。

確かに、未来や過去のことを考えるだけで、体は動かしていないのに疲弊しますよね。

さらに、未来と過去を考えることによって、必要のない「不安」や「恐れ」が生まれます。

まさに私の思考回路はこの悪循環に陥っているわけです。

だからこそ「今」に意識を向けることで、心を「気づき」で満たし落ち着かせる必要があるんですね。

これらの状態は、「マインドフルネスを練習すること」でもたらされるようです。

マインドフルネス練習とは、一生懸命考えることではない!

マインドフルネスの練習と聞くと、なんだか難しそう。

そう思ったのは私だけではないと思います。

皆さんは、マインドフルネスの練習について、以下のようなイメージをもっていませんか?

  • 何かを一生懸命に考えなければならない
  • すべての動作を非常にゆっくりしなければならない
  • 特別な時間を設けないと練習できない

筆者は、上記のどれについても誤解であると述べています。

実際、マインドフルネスの練習で思考の力を使うのは以下の時だけだそうです。

  • 「今日は〇〇の練習をしよう!」と考えるとき
  • 「そうだ!〇〇を意識するんだった!」と練習中にさまよい出た心を引き戻すとき

練習がいったん始まれば、思考は手放してOK

そして、すべての動作をゆっくりする必要はなく、日常生活の行動に組み込むことができるというのです。

それなら私にもできそうだなと思いました。

マインドフルネスの練習に挑戦!

当書には、「マインドフルネスを日常で実践す53の練習」が掲載されています。

それぞれの練習は、以下の5つのパートに分かれて紹介されています。

  1. 「どんな練習?」
  2. 「取り組むコツ」
  3. 「この練習による気づき」
  4. 「深い教訓」
  5. 「自分を変える言葉」

著者おすすめの実践方法は以下の通りだそうです。

毎週どれか1つの①と②だけを読み、その先は読まずに取り組む。

1週間の半ばまできたら③を読んで、1週間経ったら④と⑤を読み、次の練習に移る。

これに倣って、私も実践することに決めました。

53週、1年に渡るチャレンジです。

ちなみに、WEEK1は“「利き手でないほうの手」を使う”です。

①と②以外は読んでいません。

もちろん、今後どのような練習があるかも読んでいません。

どんな練習があるのかも含めて楽しんでいけたらと思っています。

皆さんもご興味があれば、一緒に挑戦してみてください。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA